2017年5月20日土曜日

ジュースが変わりました

この5月から、ミルの扱うジュースが変わりました。きっかけは愛媛県の
福岡自然農園のみかんジュースが作られなくなったことです。県の条例で
栽培されるすべての温州みかんにカメムシ用の農薬が義務付けられたため、
温州みかんの栽培を止めざるを得ない状況になり、ジュースも作られなく
なったのです。残念ですが仕方がありません。北海道産のあかねりんご
も、農家さんの減少とともにどんどん値上がりしてしまいましたので、
辛いところでした。10月のケーキには影響はありませんので、こちらは
ご安心ください。そんなこんなで「ジュース、どうしよか?」な状況が
続いていたところ、オーガニック食材でお世話になっている、アリサン
有限会社のジュースの種類が増えてきました。3人でミル会議(1名は味見
専門)の末、ジュースを変えることに決定いたしました。

1985年に創立したフランス南西部にあるヴィタモント社は、1986年に有機
認証をうけてから今日まで、高品質のオーガニックジュースを作り続けて
きました。太陽を沢山浴びて育った果物をそのまま絞った、添加物、保存料
を一切使用していない、100%オーガニックのフルーツジュースです。
店内でお召し上がりの際は、グラスにお入れします。パックのままでも
お出しできます。店内でも販売しております。値段はどちらも¥260です。
どうぞよろしくお願いします。

2017年5月14日日曜日

レコード、その後

少し前に、名古屋のお客さまからレコードをいただいた話しを書きました。
その後の報告です。いただいた中に愛聴盤がありました。2枚も。いやー
何枚あっても嬉しいですが、うち1枚がさらに嬉しいことに。店の移転を
決めたころ、「あ〜しばらくレコードは買えないなぁ」と思っていたのに
引力に逆らえず、中古レコード店に入ってしまいました。そういう時に
限って、入った正面にずーっと探していたローズ・マーフィー(唄・ピアノ)
とスラム・ステュワート(唄・ベース・ハミング?)の共演盤を発見…価格は
5千円台後半…高い…でもレコードは一期一会の鉄の掟があります。
そのままレジへ直行…。「内容はいいけど…」と言いながら視線が厳しい
妻子…。そんな超愛聴盤が今回いただいた中にあったのです。僕の持って
いたのはオリジナルの米国盤ですが、いただいたのは日本盤でした。まず
日本盤が70年代に出ていたことに驚きました、長いレコード人生で一度しか
出会えなかったのに、ひょっこりいただけた事に運命(おおげさ)を感じます。
早速、くださったご本人の前で針を落とします…一曲目はもっさり始まり、
お話しをしながら、あ〜これこれと思っていたら2曲目…聴いていたら
あれ?なんか違和感…なんか違う気が…。とりあえず聴き通して、お客さま
が帰られてから再度聴いてみると…2曲目が明らかにヴァージョン違い。
まさかと思って聴き比べると、オリジナル盤には無い男性ヴォーカルが
入っているではあーりませんか。こんな事ってあるんですね、まさに奇跡
です。同じレコードを2枚も所有する正当な理由が得られて嬉しい限りです。

後日、同じお客さまからレコードの追加がありました。レコード箱の中身は
懐かしの流行歌と童謡のSP盤と懐かしのアニメのソノシート。ソノシート
って言ってもお若い方にはわからないでしょうが、赤や青の透明でペラペラ
のレコードです。ちなみにSPと言うのはいわゆるレコード盤の前の時代の
レコードで重くて落とすと割れてしまいます。回転数は78回転で主に蓄音機
で聴きます。嬉しいオマケでした、ありがとうございました。
                            左が日本盤で右が米国盤です。タイトル通りの愛聴盤。


箱の中身は…
SP盤です。
懐かしのアニメのソノシートです。
信じ難い超美品。コレクターにはたまらない品ではないかと想像します。
「わたしば」さんとエイトマンがどうのこうのと話していると娘が
「あ〜〜エイトマンか〜、はちマンだと思ったあ〜」ですって。

2017年5月13日土曜日

三羽

5月13日 土曜日。雨でパッとしない空模様、お客さまも少なく静かな時間が
過ぎて行きました。開店前に奈良の人気カフェ カナカナさんからどーんと
珈琲豆のご注文をいただいたので、選別が進んで良かったような…それでも
なんかなぁ…。と思っていたら、鉢植えのブルーベリーの花にメジロが二羽
かわいいなと見ていたら、シジュウカラが一羽やってきてメジロの真似?を
していました。しばらくバードウォッチングを楽しみました。

ぐるりと

南の土手の八重桜も終了ですが、ミルの周りをぐるりと回って写真を撮って
みました。植物たちも生き生きしています。では定番のれんげからです。
タンポポ
ふきのとう
しゃくなげ
つつじ?
アケビの葉
山椒ざんしょ…
ニセアカシアの葉、花が楽しみ
栗の若葉
 いつも名前を忘れる花
白くてフワフワの ウワミズザクラ
薪にするとしっかり桜だと主張します。
ブルーベリーの花、収穫が楽しみ。
ルバーブの花
ルバーブはこの後、ジャムになりました。
青々とした雑木林とミル
それではまた。











2017年5月8日月曜日

大型連休も終わり

おかげさまで無事に大型連休の営業が終わりました。最終日、5月7日も後半
からたくさんのお客さまにご来店いただきました。名古屋、岡崎、中津川、
多治見 、近郊から…。ありがとうございました。
久しぶりに名古屋から珈琲豆を買いにきてくださったお客さまは、千種
正文館2階の喫茶 モノコト 空き地というお店で、久しぶりにミルの珈琲を
飲んで「あ〜これこれ」と思い出して来てくださいました。珈琲屋冥利に
つきるとはまさにこのこと。
とにかく良い大型連休を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
まだ八重桜が咲いていますが、だんだん夏の山らしくなってきました。


2017年5月7日日曜日

5月5日、6日

大型連休、いかがおすごしでしょうか。5日は朝からご近所のおじさんが、
杉の木を軽トラに積んできてくださいました。あと2シーズンくらいの
焚付け用の薪はありますが、先のことを考えると早めに確保したいなぁ
と思っていたところに、ちょうどいいタイミングでした。ありがとう
ございました。ちょっと手こずりそうな株もありますが気長に処理します。
せっせと薪を整理していると、長野県上田市からのご家族がご来店…でも
開店までまだ1時間くらいあり…初めてのお客さまで恐縮しながら開店時間
をお伝えすると、出直してきてくださるとのことでした。
その後、開店直前に別の近所の方から薪に関係して、厳しいお叱りを
いただき(説明するとややこしいのですが、イノシシがやらかしたかどで
こちらに火の粉が…)気持ちが少しへこんでの開店となりました。
それでも、名古屋の頃からのお客さまがご家族で各務原から初めてご来店
してくださり、久しぶりにお会いできてもやもやした気持ちもどこかへ。
その後も上田市からのご家族が出直してきてくださったり、岐阜市から
仲良くしていただいているご家族が。名古屋から前の職場の同僚ご家族が。
いつも珈琲豆を配送させていただいているご夫婦が「連休中に行く予定」
の公約通りに名古屋から。ご近所のお客さま。近隣から車を走らせて
きてくださるお客さま。春日井市からのお客さま。たくさんの方々に
ご来店いただきました。同世代の子どももいたので娘も喜んでおりました。
ありがとうございました。
6日は予想通り、のんびりした一日でした。開店してしばらくは、お野菜の
わたしばさんとなつかしいアニメのレコードを聴いて、まったりして…。
(それについては後日詳しく)
その後は近隣のお客さまが入れ替わりでご来店…大型連休も終わりだなぁ
という感じでした。そんな中でも初めてお越しくださったお客さまも
おみえでした。気に入って頂けると幸いです。

いただいた杉の木

桜は満開、珈琲は飲まんかい?
眼下にミルを見る…






2017年5月4日木曜日

バタバタ…

5月4日は、ちゃんと忘れずに「5月のミル」のサントラをBGMに営業開始。
おかげさまで久しぶりにたくさんのお客様にご来店していただきました。
ありがとうございました。
急遽 ウッドデッキに席を作ったりしましたが、準備しきれてないところも
ありご迷惑をおかけしました。すみませんでした。

ゴールデンウィークも残すところあと3日間。薪の仕事ももうひと息。
頑張ります。
そういえば、余談ですが、NHKではゴールデンウィークとは言わない
そうです。「大型連休」と言うそうな。へ〜そうなんだ。
南の土手の八重桜もそろそろピーコ…じゃなくてピークです。