2017年12月7日木曜日

作品展二つ

いやいや 弱りました。焙煎が終了したら午前1時…。極寒の焙煎室から外に
出るとバケツの水はカチンコチンに凍っています…星のきれいな夜です。
帰宅すると部屋の中は薪ストーブのおかげで22度。ありがたい。でもオキが
少し残っているくらいなので、明日の朝のためにちょっと薪を入れて、火が
しっかり回るのを確認してからお風呂に入って寝ます。薪の様子が良くなる
まで日記を書いて待ちます。

5日の火曜日、名古屋への仕入れ。千種のオーガニック レストラン、空色
曲玉さんと喫茶 モノコトさんに珈琲豆を届けました。どちらの作品展も
いいなぁと思いご案内いたします。曲玉さんは写真家 大西暢夫さんが
仕事で関わって撮影していた精神科病棟での写真です。誤解を恐れずに
素直な感想は「いいものを見たなぁ」です。タイトル通りひとりひとり
の人がそこにいました。それでも後から(今も)深く考えることになりました。
僕とこの人たちの間にある壁(実際には柵や塀)はなんなんだろうな?それが
有るのか無いのか、有るのであればそれは?医療制度?こころの問題?
帰宅中も車中から人や物を眺めてはいろんなことを考えました。例えば
帰宅中の小学生たちとご高齢の人の間にある戦争の壁、これから経験
させてはいけない世代とそこを生きてきた世代…とか。
まあともかく、いい写真で、コメントがまた良かったのです。
もひとつ、モノコトさんは版画と絵画の展示。大泉 安さんの作品展です。
特に「こりゃ、いいなぁ」と思ったのは透明のアクリル板に油彩された
一連の作品でした。
千種にお出かけの際は是非、覗いてみてください。
東日本大震災後の被災地にもたびたび訪れて取材を続けている大西さん
による講演会が12月16日(土曜日)にあります。いい話が聞けそうです。

おっと、薪もいい感じです。お風呂お風呂、急がねば!

2017年12月1日金曜日

12月です。

「師走だな〜、ボカあ(僕は)君といる時がいちばん師走なんだ…」(加山雄三)
な師走ですね…。温めてお召し上がりいただいている、かぼちゃのケーキも
おかげさまで好評です。まだ雪も降っていませんし、さあ、今月も頑張るぞ〜
と臨んだ1日は、と〜〜っても静かな営業でした。いやいや、こういう日もある
さ、ということで12月です。しかし師走とはよく言ったものでどういうわけか
気ぜわしくなるといいますか、落ち着かないですね、12月。朝鮮半島も気に
かかりますし、平成が幕を閉じる譲位の話題も…。何かとざわざわです。
子どもたちは、プレゼントに気持ちがワクワクしてるんでしょうね。12月…。

芸術の秋でした

11月のレコード棚は、芸術の秋な内容でした。まだまだありますが。



2017年11月26日日曜日

最近の話題

薪ストーブ生活が始まって、火を眺めながら優雅に日記でも書こうかなぁと
思いながらもまったく書けない…。焙煎が終わって薪を補給して、さて、
日々の情報をチェックするかと…森友・加計問題、詩織さん、国会、相撲、
その他いろいろ。するといつの間にか、うとうと…。ハッとしてグーは
俊ちゃんですが、グーとしてハッとな毎日です。またやってしまった…。
ということで、今日は先ず日記です。季節のケーキも変わりましたので
しっかり販促活動もしなければ。
そうなんです、季節のケーキが大雪(たいせつ)かぼちゃのケーキに変わり
ました。ミル開店以来18年続けているケーキです。北海道の大雪山の近くで
一株に一玉のみという贅沢な栽培法で収穫された、栗かぼちゃをコロコロ
焼き込んだケーキです。店内でお召し上がりの時は温めてお出ししています。

話は変わり、23日、勤労感謝の日は閉店後、大急ぎで黒豆ご飯と味噌汁だけ
食べて、恵那市中心地の長國寺というお寺に行ってきました。イタリアから
来日のフルート、ギター、クラリネット・マンドリンというトリオの演奏を
聴きに行ってきました。クラシック、オペラ、イタリア民謡、武満徹さんの
曲などを披露していただきました。とても心地よい演奏で大満足でした。
CDも販売していると聞いて、サインマニアの娘は購入する気満々…。
無事にサインを頂いて帰ろうとしていると、気の良い恵那市長さんが
僕ら家族とメンバーの皆さんの写真を撮った下さって、恐縮した次第でした。
この日の演奏会にゲスト参加された女性のソプラノ歌手もステキでした。
お寺の本堂で開催された無料演奏会、感無量でした。紹介してくださった
ソプラノ歌手の方に感謝です。

また話は変わりますが、常連さんからお手紙で珈琲豆のご注文を頂きました、
別でお客さまから珈琲豆のプレゼントをご依頼頂き、火曜日にお届けした
のですが、お届け先のお客さまからもお葉書をいただきました。
どちらの方も万年筆で、ほれぼれする字でした。あ〜日ッペンの美子ちゃん
(でしたっけ?)をやっておけば良かった、と思いました。

最近の写真です。

裏の雑木林、午前

夕方、黄金に。美しい時間でした。

霜が降りた草たち




2017年11月17日金曜日

干し柿

天気予報と柿の具合と珈琲豆の焙煎仕事を見極めながら、16日のお昼、開店
直後に干し柿を吊るしました。今年は裏年らしく実った蜂屋柿は60個ほど、
鳥に食べられたり、高枝ハサミも届かなくて収穫できないものもあり、
作った干し柿は30個。昨年は200個近く作ってまだ取りきれなくて、欲しい
方、来てください〜と言っていたくらいだったことを思うと、収穫の方法
を考えないといけないのかも?と思案している今日この野口五郎…。
あまりに少ないので、裏の雑木林にある、小さな渋柿も試しに17個作って
みました。こちらも楽しみです。
そんなこんなで、今年は柿のおすそわけができそうもありません。
来季に乞うご期待。

2017年11月11日土曜日

いよいよ つけました

娘にもさんざん「もう、つけてよー」と言われながらも、つけずにいた
薪ストーブを11日の夕方につけました。12日の朝は冷え込みそうで、そう
なると、スコーンの発酵が心配になるのでつけることにしました。夜の
10:30現在、室温が24度。快適です。夕方にご来店の薪ストーブのヴェテラン
さんに、いろいろ指導を受けて焚き方を工夫中です。

2017年11月9日木曜日

はっ、クッキリ。

今、国自体が無くなってしまうかもしれない内戦状況と、食糧不足と、
感染症の蔓延で大変なイエメン。ミルではそのイエメンから2種類の珈琲豆
を仕入れています。ここ2年ほどは、港が限定的に開いた時になんとか
輸出されていました。今年はなぜか無理なんじゃないか…という気がして
いましたが、なんとか無事に届きました。しかし出荷量は例年の半分です。
そんな貴重な珈琲豆・イブラヒム・モカが手元に届きました。早速箱を
開けるときれいな水色が目に飛び込んできました、そしてはっ、と目が
釘ずけになりました。印刷の版が新しい…線が、輪郭がクッキリしていた
のです。永くこの珈琲豆を扱ってきましたが、ここまできれいなのは
初めてかもしれません。赤い珈琲豆のクッキリ具合に胸を打たれました、
というと大げさですが、ほんとにはっ、としたのです。大変な状況でも
印刷の版を新しくしている…。これからも無事取り扱えますように、と
願うばかりです。